システムを構築する

企業は、外部・内部それぞれの課題やニーズを浮き彫りにして、問題を解決していく必要があります。組織をマネジメントするためには、自社の理想像を明確にして、それを実現するための適切なシステムを構築していくことが求められます。

規格の内容

ネットワーク

責任の所在

ISO9001を導入すると、責任の所在が明確になります。また、管理者の権限も明確になるため、それぞれの役割が一層明らかになり、より強いリーダーシップを発揮することが期待できます。

ノウハウの蓄積

ルールの設定やマニュアル化を進めていくため、全体的な業務が可視化され、管理がスムーズになります。これまで培ってきたノウハウなども文書化されて明確になります。

改善のために

不良品やクレーム対応などさまざまな改善のための処置を共有化することで、より質の高いサービスを提供することができるようになります。時代の変化やニーズに合わせて仕組み自体を改善していく姿勢も重要です。

導入の検討を始めたばかりのケースにみられる質問とは

ビジネスチャンスは広がりますか

公共事業を受託したり、事業を継続するためには必要となる場合もあります。ビジネスの可能性は大いに広がるといえるでしょう。

何から始めてよいのかわかりません

セミナーに参加したり、コンサルタントに相談したりするなど、サポート業者を利用するのも得策です。また、関連本も多数販売されているので、学ぶこともおすすめです。

内部監査で悩んでいます

同じ仲間同士のため、内部監査が難しいと感じる人は多いものです。しかし、ルールに反している場合は、キッパリとした態度で不適合を示すことが重要になります。

どれくらいのコストがかかりますか

諸条件によって金額は変動してきますが、審査費用と更新費用は必須としてかかってくるコストです。コンサルタントに依頼するときには、さらにコンサルタント費用も発生します。

審査機関は

国内だけでISOの審査機関は50社あるといわれています。どの審査機関にすればいいか迷ったら、コンサルタントに相談したり、既に取得済みの同業者などの事例を参考にするとよいでしょう。