規格の内容|安心と安全を示すために正しくISO9001を理解して取得を目指す

規格の内容

ネットワーク

責任の所在

ISO9001を導入すると、責任の所在が明確になります。また、管理者の権限も明確になるため、それぞれの役割が一層明らかになり、より強いリーダーシップを発揮することが期待できます。

ノウハウの蓄積

ルールの設定やマニュアル化を進めていくため、全体的な業務が可視化され、管理がスムーズになります。これまで培ってきたノウハウなども文書化されて明確になります。

改善のために

不良品やクレーム対応などさまざまな改善のための処置を共有化することで、より質の高いサービスを提供することができるようになります。時代の変化やニーズに合わせて仕組み自体を改善していく姿勢も重要です。