運用が大切になる

PC操作

コンサルタントに依頼

自社でもISO9001の取得は目指せます。しかし、システムとして継続的に活用していくためには、専門のコンサルタントに依頼することで、より確かな効果を期待することができます。

スムーズな運用

細かくルールを設定すると、逆に手間や時間がかかってしまって、定着しない恐れがあります。実際のフローを想定して、無理なく運用できるルールを作っていくことが肝心です。

マニュアル作りにも注意

膨大な情報が詰まった資料は無用の長物となる場合が多いです。わかりやすく簡易な資料を作れば、どんなシチュエーションにおいても活用しやすく、無理のない運用を進めるためのポイントになります。

よくある質問

登録までの期間は

企業の規模の大きさや、準備にどれだけのコストがかけられるかにもよりますが、およそ半年から1年程度で検討から登録まで進めていくことができるでしょう。

面倒な仕組みを作るイメージがあります

面倒に感じる作業もあるかもしれません。しかし取得後運用すると、仕事のクオリティが向上し、業務も効率化しますので、長い目で見ると負担を軽減させるための基礎作りだともいえます。

費用が心配です

コンサルタント費用や、プロジェクトチームの編成など、さまざまなコストは発生してきます。しかし、自社の課題が明確になり、問題が解決するスピードもアップするため費用対効果は優れているといえます。

人材が不足しています

中小企業は、最小限のスタッフで業務を行っていることが多く、なかなか担当者を決めることが難しいといえます。そのような場合は、サポート体制が厚いコンサルタントを選ぶとよいでしょう。

取り引き先から要望がありました

取り引き先が大手企業の場合はとくにそのような事例が多いといいます。信頼性が高まりますので、できるだけ要望に応えるようにすれば、関係性もより強固に期待できるといえます。